世代によるギャップ

看護師の仕事は今でも女の子の憧れの職業のひとつで、期待や希望を持って就職してくる新人は多くいます。しかし、時代のせいか軽い気持ちで看護師を選ぶ学生も増えています。中には現在の不景気を反映して公務員の人気があるように「安定している職業に就きたい」という理由で看護師を選ぶ人もいるようです。看護師は命を扱う仕事です。「安定」だけを求めて看護師を目指すのはあまりにも安易な考えではないでしょうか。

また従来は看護師と言えばほとんどが専門学校卒でしたが、最近では看護大学が増えていて、大学卒の新人看護師も増えています。そのため、専門学校卒の先輩看護師との間でちょっとした相違が生まれることもあるようです。いわゆる学歴コンプレックスというわけではないのでしょうが、大学卒の新人は「知識優先」という印象を与えることが多いようです。専門学校では即戦力になるように実習的な部分に重点を置いていますが、看護大学の場合は理論や理屈の勉強にも力を入れています。大卒の新人看護師は確かに高度な理論や手法を知っているのですが、それが実際の技量に追い付いていなかったり、時には先輩のやり方を否定するような言い方をしてしまったりして悪印象を持たれる場合があるそうです。
新人と先輩、世代の違いもあるのでしょうが、お互いのギャップが不調和の元になっていることもあるようです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です